· 

愛しのミラーレス Canon EOS M5

今回は私が使用している機材の紹介、カメラ編です。

 

独立以来1年間私が愛用してきたのは、Canonミラーレス一眼の現行最上位機種、EOS M5です。

レンズはEF-M18-150mm一本。高倍率ズームで近くも遠くも自在に撮影可能です。

動画、特に婚礼を撮るなら高倍率ズームがベストだと思います。

 

短焦点の明るさは魅力ですが、近づけない場所もあるし、イベント中はレンズ付け替えてる暇がないです。

Canon EOS M5
はいかわいい。

キヤノンさんの仕様表によると、

 

本体の大きさは115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm、重さはバッテリー込みで約427g。

レンズの重さは約300g。本体とレンズを合わせても約727gです。 

 

小型、軽量、かわいい。最高ですね。

仕事じゃなくてもいつも持ち歩いていて、これさえあれば写真も動画もなんでも撮れるセットです。

 

もうちょっと真面目に、このカメラの良いところ、悪いところについて書いていきましょう。

ダイヤルいっぱい付いてる

M5には露出設定とモード切替ダイヤルの他に、自由に割り当てができるダイヤルが3つついています。

それぞれにISO、F値、シャッタースピードを設定していて、回すだけですぐ各種設定を適正に合わせることができるのです。

基本的にマニュアルで撮影する私にとって本当に良いハードです。

 

キヤノンに限って言えば、もっともダイヤル数の多いカメラなはずです。

周りでは一眼レフ機の70Dや80D、6Dを使っている人も多く、借りてみたことがあるのですが、これらのカメラはダイヤルが2つ。

ボタンを押してからISOを操作する感覚はちょっと冗長に感じられ、M5に慣れているとモヤっとしました。

 

マニュアル設定を使わない人にとってはどうでもいいポイントですね。見た目がそれっぽくてかっこいいよ! とか。

ボタンカスタム便利

各種ボタンの設定が自在なのもいい感じです。

 

私は、

・ホワイトバランス設定

・フォーカスのオート/マニュアル切り替え

・ピーキングオン/オフ

・表示先ファインダー/背面ディスプレイ切り替え

をワンボタンで操作出来るようにカスタムしてあります。

 

 

一瞬で状況が移り変わっていく現場での撮影において、操作性の良さは最高に重要な要素です。

なるべく浅い階層で操作を完結させたい。

チルト液晶はよいぞ

液晶角度が上下に変えられるのが良いです。

 

ハイアングルでもローアングルでも映像をしっかり確認しながら撮影できます。

 

結婚式でゲストの頭越しに撮影するシーンなんかでは、固定液晶でマニュアルフォーカス合わせするの、私は無理ですもん。

6Dとか5D系でマニュアルフォーカスしている人もいるんですが、ちょっとどうやってるのかわからない神業。

画質も十分いいんじゃないかと思う

最近のカメラは入門機でもめっちゃきれいなんで、画質に関してはどれがいいみたいなこだわりはないです。

写真を大きく引き伸ばして紙焼きにするとか、巨大スクリーン用の映画を作るのであれば画質がどう、という話になってくるとは思います。

 

PCやスマホの画面で見るとか、フルハイビジョンの動画を見るなら、何のカメラ使ってもいいと思います。

操作性無視するならスマホでもいい。そんなこと言うと怒られるかな。まあその、私はそう思います。

 

あ、画質というか色味の話ですが、キヤノンはソニーと比較して、暖色系が優しく出るのが好きです。顔色よく写る。

4K動画は撮れない

流行りの4K動画には対応していません。

同時期に発売された他機種と比べて見劣りする点ではあります。

しかし当面の間はフルハイビジョン60pが撮れれば十分と判断して購入しました。実際十分です。

 

4K動画って、切り出しても綺麗だし、営業的にはインパクトのある言葉だし、素敵だなあとは思うんですが。

データサイズが大きくなって管理が大変だし、編集PCの要求スペックも上がるし、最終的に納品するのにも都合が悪いし、まだまだ特殊用途でしか使われていないです。ブルーレイに焼いたら結局フルハイビジョンですからね。ストリーミング配信するにも重いし。

試験的にどんなもんか触っておく必要はあると思うので、次買うのは4K30pには対応してるカメラにしようかなと思っています。

EDIUSとの相性が悪いっぽい

動画編集ソフトEDIUSとの相性があんまりよくないみたいです。

タイムラインにM5の撮影素材をのせると、エラーでソフトが落ちてしまうことがあります。

取引先の会社さんのエンドロール編集ではEDIUSを使っているので、結構困っています。

 

自宅でAdobe Premiere Proを使っている分には全く問題ないので、EDIUSの対応待ちという感じのようです。うーん。

もうちょっと暗いところに強いといいんだけどなあ

仕方ないんですが、暗いところはそれなりにノイズが乗ります。

特に披露宴は会場の照明次第で、ちょっと辛いと感じることもあります。

明るいレンズを買うか、センサーサイズの大きいカメラに変えるか、暗所ノイズの出にくいエンジンのカメラに変えるか、ですね。

小さすぎて不安がられる

プロの機材というとデカくてごつくて重いのをイメージされるのが普通だと思います。

小さすぎて見た目のはったりが効かない。

こればっかりは撮れた映像を見て頂いて安心してもらうしかないですね。

なんやかんやあるけど、それぞれ好きなカメラを使おうぜ

手にしっくり来た、使っていてダイヤルガチャガチャする感じが楽しい、見た目が好き。これだけでもう、最高の相棒です。

みんなそれぞれ好きなカメラを使うのが一番だと思うわけです。性能の優劣とかでギスギスしたくないじゃないですか。

好きなカメラで、何をどう撮るかっていうことを大事にしたいですね。

 

最近はフジフイルムのカメラも気になっています。X-H1、X-T2、X-T20あたり。

2台目はフジフイルムかなあ。レンタルしてみてしっかり使ってから考えます。