· 

最近VTuberがアツいという話

今日は完全に雑記です。最近いわゆるVTuber、バーチャルユーチューバーの動画を見るのが本当に楽しい。バーチャルユーチューバーとは何?というのが気になる方は、ちょっとググってください。私が好きなものを好きだと叫びたいだけの記事なので今日は一切の解説をしません。

 

最初にVTuberという存在を知ったのは例のごとく第一人者キズナアイさんの動画からです。かわいいアニメ調のキャラクターを被った人がYouTuberをやる、生身のYouTuberが苦手でもこれなら見る人いるだろうなー、面白いことを考える人がいるなーと思いました。道を切り開いた偉大なお方。このときは、存在は知ったけどまだそこまでハマりきらなかった。

 

それから少しして、個人的にめちゃくちゃ面白いと思ってバーチャル界隈を継続的に気にするようになったきっかけは、ねこますさん。おじさんでも可愛くっていい。生身ではできないことがバーチャル外装によって実現できるという可能性の体現。それに、いろいろな苦労をしながらたった一人でコンテンツを作り上げるまでに至ったという物語がたまらなく好きです。本当は物語として消費しちゃいけない生身の人間の苦悩と努力と成功の軌跡なんですが。

 

そう。「生々しい物語を感じる」。これが最近私がVTuberにやられている理由の一つです。何者でもなかった個人が、バーチャル外装を身にまとうことによって、世界中の人を楽しませて幸せな気持ちにすることが出来るようになる。そこには当然、技術的な苦労も、心理的な負担も、先の見えない孤独もついて回るはずです。しかし、彼・彼女たちは画面の中で笑うのです。画面の向こうの誰かを笑顔にするために。エモすぎやしませんか。

 

生身のYouTuberとバーチャル外装を身にまとったVTuberの何が違うのか。それは、VTuberとしていくら活躍したところで、中の人間は基本的に何の評価も受けとれないという危ういまでの純粋さです。声優さんが明示されるアニメキャラクターと異なり、いわゆる「中の人」は切り離され、秘匿されているのが現在のVTuberのスタンダードです。あくまでバーチャルな存在としてふるまい、バーチャルな存在として評価される。その在り方は、ヒーローとか魔法少女に近しいのです。報われようと報われまいと、その役割を貫くことが宿命づけられている存在。これがまたエモ。辛いけどエモ。狂おしいまでにエモ。でもほんと無理しないで…と思います。フィクションの登場人物とは異なり、いくら秘匿されているとはいえ現実の人間の生活があるので。

 

また、企画性を高めるためとか、他者との明確な差別化のために、バーチャルキャラクターたちはそれぞれ個性的な設定をもって生まれます。そのフィクション設定に基づいたロールプレイと、演技じゃないリアルの感情の揺れ動きが合わさったものを我々は目撃するわけです。この「フィクションとリアルの揺れ動き」というのがまためちゃくちゃ面白い。最近それをひしひしと感じさせてくれたのが、にじさんじJK組の3人によるお泊り配信です。ニコニコ超会議というリアルイベントのために東京に集まった3人が、現実のホテルの一室で会話しながら、それをバーチャル外装を通して生配信するという、リアルとフィクションがぐちゃぐちゃな有様でした。どこまでが現実なのかわからなくなる。いや全部現実なんだけど、彼女たちは設定を着ているし、われわれ視聴者からは絶対に直接触れることはできない存在。にもかかわらず彼女たち同士はリアルで接触している。月ノ美兎さんと通話していた樋口楓さんの部屋に静凛さんが入ってきたときの奇妙な感覚を、私は一生思い出すでしょう。フィクションが現実に手を突っ込んできて、とても心地よく固定概念が打ち破られる感じ。リアルタイムで目撃できてよかった。めちゃくちゃ面白かった。見たい人は「かえりん前夜祭」でググって。

 

リアルとフィクションの混ざり方が面白いという点では、リアルロケ系の企画も好きです。ただ、これはよっぽど明確なコンセプトを練らないと生身の人間の方が得意な分野だし、映り込みの問題とか身バレの危険とかがあって、やっている人は多くないです。ぽんぽこさん、日雇さん、おめシスさんは見ました。

 

私がもし自分でやるなら、カメラマンとしての職能が生かせるリアルロケ系の動画からやると思います。いや、実際に動画出すかどうかはともかく、自分ならどうするかを空想してしまうくらい、VR界隈の動きに夢中なのです。気付いたらうっかり本当にVTuberやっていて中身が私だと気が付いたとしても、ミンナニハナイショダヨ。バーチャルアイドルになりたいの? って言われると違うと答えますが、バーチャルキャラクターを使った物語はやってみたい。物語として消費されても生身の感情にダメージの少ない運用が可能かというところに興味がある。もしそれが可能なら、今一番新しくて人の心を動かしうる物語の形です。視聴者はツイッターやコメントを通して間接的にキャラクターへ関与が出来るから、これは新しいロールプレイングゲームだといってもいい。(というような話は、私が編集のお手伝いをした東雲めぐちゃんを支えるお三方のインタビュー記事でも指摘されていました。読んで。宣伝。)

 

そのうえで今めちゃくちゃ気になっているのは、バーチャルキャラクターの幸福な終わり方です。完全に作った結末を迎えるならば、その物語はアニメなりゲームなりでやればよいって思ってしまう。あくまでリアルな葛藤の末、綺麗にここで終われるという結末に辿り着くことが出来るのかどうか。一番幸せな時に、ここで終わりという判断を冷静に下せるのかどうか。視聴者を悲しませずに済むのかどうか。

 

そう遠くない未来、誰でも一人一つのバーチャル外装を持てる時代がやってくるだろうと思います。サマーウォーズのOZの世界みたいな。そこまで行ってしまえば、終わり方のことは問題じゃなくなるというか、一部の人が仕事としてタレント活動をしているに過ぎないような感覚になると思います。バーチャル外装との対応付けはリアルで死ぬまで継続するけど、それで表立った活動をするかどうかは割と自由な感じになる。バーチャル変装というか、タレント活動用とは別の普段着用バーチャル外装というのも出てきそうですね。

 

どの程度バーチャル外装を活用するかはその人次第というか、バーチャル適性の高い人、リアル適性の高い人というのは、結構分かれる気がするしそれでいいと思います。すべてがバーチャルになるわけではない。私たちはどうしようもなくリアルで生まれて、リアルで飯食って、リアルでうんこして、リアルでセックスして、リアルで睡眠をとって、リアルで死にます。物理的に。

 

それにしたって私は現在、バーチャル世界の広がりと可能性を日々実感しているところで、わくわくしてたまらないのです。分かりやすく言えば、バーチャル結婚式のバーチャルカメラマンとか、やってみたいじゃないですか。うーんやっぱりとりあえず、バーチャル外装が欲しい。